和歌山県新宮市の京菓子司 福田屋 創業大正十四年

福田屋のおすすめ情報

あっさりした餡で栗をつつんだ京菓子

あっさりした、蒸し菓子のうきしま。新宮市の浮島の森をイメージして作りました。

 

京菓子司 福田屋について

 和菓子専門店の福田屋は、大正14年から現在まで90年の間、皆様方の御引立てにより、今現在、三代目を引き継ぐ事が出来ました事を心からお礼申し上げす。

初代、永用秋二は三重県熊野市木本町「和菓子専門店 福田屋」で修業のあと大正時代にしてはめずらしく、名古屋大須観音前で洋菓子を習い、大正14年和歌山県新宮市で開業いたしました。

二代目永用哲也は、紀陽銀行勤務から転職、京都三條堀川角「御膳菓子司 調進所 三條若狭屋」で修業の後、東京九段「宝来屋」、浅草雷門「龍昇亭西むら」で修行いたしました。

三代目新宮店の永用利一は富山県高岡市「大野屋」と、「放生若狭屋」で修業、同じく三代目田辺店の永用昌也は東京原宿サツシユ美容室から転職、初代、二代目、三代目の業を全て身に付けそれぞれ頑張って居ります。

どうかこれからも四代目、五代目と続きます様、お引き立ての程宜しくお願い致します。

福田屋新宮店サイト

この度、福田屋新宮店のサイトがオープンしました!
季節の和菓子から定番の銘菓まで数多く取り揃えています。